ゆったりして愛嬌のある魚 マンボウ【画像・動画あり】

シェアする

マンボウ
今回ご紹介する不思議生物は日本の水族館でも見ることができる愛嬌のある大きな魚であるマンボウ(翻車魚)です。

スポンサーリンク
レクタングル 大

マンボウの概要

マンボウは熱帯や温帯などの比較的温かい帯域の海に広く生息している大型の魚類です。深海から海面まで比較的広い水深を行き来できることがわかっています。

体長は大きいもので3メートル程もあり、大型ですが反面、ゆったりとした動きや、ふぐの仲間であることから丸い目に小さな口といった特徴的な外観を持ち、愛嬌があり人気がある魚です。

マンボウの皮膚は非常に弱く、また非常に多くの寄生虫が付着していることが知られており、時折見られる海面に横たわるように浮かぶ行動や海面から飛び跳ねる仕草は寄生虫を取り除くためと考えられています。

なお、マンボウの産卵は卵の数が3億個ともいわれ、最も多く卵を産む魚類ともいわれますが、ほとんどが他の生物に食べられてしまうため成長できるのはわずかと言われています。稚魚は全身にとげがあり、金平糖のような外観をしています。

画像引用
Fred Hsu

マンボウを見ることができる水族館

マンボウは皮膚が極端に弱く、水槽にぶつかり弱ってしまったり、寄生虫が多いため水族館での飼育が難しいとされています。そのため長期の飼育が難しく限られた時期だけの展示となる場合も多いようです。

飼育実績がある水族館は下記などですが、現在展示しているかどうかは各水族館のホームページなどで確認するとよいかと思います。

東京都:サンシャイン水族館
千葉県:鴨川シーワールド
神奈川県:八景島シーパラダイス
茨城県:アクアワールド大洗水族館
宮城県:仙台海の杜水族館、マリンピア松島水族館
愛知県:名古屋港水族館】

マンボウの動画

ダイビング中に見られるマンボウ

泳いでいるマンボウの姿を見ることができます。臨場感がありまるで自分が海の中にいるかのような間隔に慣れる動画です。長い動画のため6:00過ぎから見ると良いかと思います。

大洗水族館のマンボウ

ゆったりして愛嬌のある魚 マンボウ【画像・動画あり】
この記事をお届けした
不思議生物探検隊の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

フォローする