ダンボオクトパス(オオクラゲダコ) 深海にダンボが?【画像・動画有り】

シェアする

前回の「フクロウナギ」の動画はいかがでしたでしょうか?口と尻尾のバランスに驚かれたのではないでしょうか。今回はかわいい生物が見られるかもしれません。楽しみですね。それでは引き続き深海を探検していきましょう!

博士:さっきのフクロウナギは凄かったね。日本の近海にもいるなんて驚きだよね。ん?どうしたの?
助手:・・・こわかったとよ。
博士:そ、そうだよね。もう大丈夫だよ。あっ。みて、かわいいタコが見えるよ。「ダンボオクトパス」だ!

スポンサーリンク
レクタングル 大

ダンボオクトパスは深海の可愛いタコ

ダンボオクトパス 画像
助手:む?…かわゆす。ダンボや!
博士:ダンボオクトパスは和名で「オオクラゲダコ」ともいって、大きな耳のように見えるヒレを使って深海を泳いでいるんだ。

大きなヒレで泳ぐ姿がディズニーの小象、ダンボのようだということで、ダンボオクトパスと呼ばれるようになったと言われているよ。現在十数種類まで確認されているけど、この子が一番かわいいかもね。

ダンボオクトパス 画像
ダンボオクトパス 画像
助手:ほんとだ、見かけが違う種類のもいるのね。
博士:たしかに泳ぐ姿はダンボみたいだよね。パタパタと耳を動かして泳ぐ姿が見られる動画もお勧めだよ。

助手:おいしそう・・・。
博士:えっ?そ、そうかぁ・・・。君はタコ焼きが好きだからねぇ(汗

ダンボオクトパス動画

⇒深海の旅を続ける(次の記事へ):な、長い!こんな魚が日本でも採れたのか!人魚のモデル?「リュウグウノツカイ」

ダンボオクトパス(オオクラゲダコ) 深海にダンボが?【画像・動画有り】
この記事をお届けした
不思議生物探検隊の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル 大
レクタングル 大

シェアする

フォローする